新型コロナウイルス拡散 世界が出現恐れる「毒王」とは?

公開日: 更新日:

 中国・湖北省武漢市の市場が発生源とされる「新型コロナウイルス」による肺炎が世界中に広がっている。

 これまでに中国やタイ、香港、マカオ、シンガポール、台湾、日本、米国で感染者が確認されたほか、メキシコの北東部タマウリパス州でも、先月下旬に武漢市を訪れていた大学教員の男性に感染の疑いがあることが分かった。

 23日時点で、中国国内で確認された死者は17人。感染者は500人を突破した。武漢市は、市外への感染拡大を防止するため、空港や鉄道駅を閉鎖し、交通機関の運行を停止する事実上の移動制限に乗り出した。

 こうした事態を受け、世界保健機関(WHO)は22日、スイスのジュネーブで緊急委員会を開催。「新型のコロナウイルス」による肺炎が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるかどうかについて慎重に議論を続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る