小林節×藤木幸夫 資本主義の末期「カジノ成長戦略」は詐欺

公開日: 更新日:

 政府が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)事業は、現職国会議員に逮捕者が出るなど裏で蠢く利権の存在があらわになった。経済成長の牽引役といううたい文句や依存症対策も怪しい。このままカジノを本当に解禁していいのか――。横浜市の誘致に反対姿勢を見せる重鎮2人、港湾関係を束ねる「ハマのドン」と住民運動の共同代表を務める「憲法学者」によるスペシャル対談。

  ◇  ◇  ◇

小林 秋元司衆院議員の事件は典型的な土木利権。先日、横浜市の商工会議所がバックアップした「カジノ展」を見たのですが、「我々が1兆円を投資しますから、日本は潤いますよ。いい話でしょう」と言って、何社もが競争入札するわけですよ。できるだけ当局の支援を得て、落札したい。つきましてはお礼します……。毎度のパターンの話じゃないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る