小林節×藤木幸夫 資本主義の末期「カジノ成長戦略」は詐欺

公開日: 更新日:

 政府が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)事業は、現職国会議員に逮捕者が出るなど裏で蠢く利権の存在があらわになった。経済成長の牽引役といううたい文句や依存症対策も怪しい。このままカジノを本当に解禁していいのか――。横浜市の誘致に反対姿勢を見せる重鎮2人、港湾関係を束ねる「ハマのドン」と住民運動の共同代表を務める「憲法学者」によるスペシャル対談。

  ◇  ◇  ◇

小林 秋元司衆院議員の事件は典型的な土木利権。先日、横浜市の商工会議所がバックアップした「カジノ展」を見たのですが、「我々が1兆円を投資しますから、日本は潤いますよ。いい話でしょう」と言って、何社もが競争入札するわけですよ。できるだけ当局の支援を得て、落札したい。つきましてはお礼します……。毎度のパターンの話じゃないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る