進次郎「次の総理」急落 不倫騒動と側近のIR疑惑がWパンチ

公開日: 更新日:

「育休」取得にも批判が殺到している小泉進次郎環境相(38)。国会がはじまっても、育休以外、話題にならないほど影が薄くなっている。

 案の定、人気も急降下。日経新聞が「次の首相にふさわしい人物は誰か」を質問した世論調査では、先月2019年12月の調査では、17%の支持を集めて2位だったのに、27日発表された最新の調査では11%にダウンし、3位に転落している。

 総理総裁を狙う進次郎氏の痛手となっているのが、意外にも自民党の白須賀貴樹議員(44)が、IR汚職事件で強制捜査を受けたことだという。一般には知られていないが、白須賀氏は、進次郎氏の数少ない側近のひとりなのだという。

「あまり同僚議員と親しくつきあわない進次郎氏ですが、それでも6~7人の取り巻きがいます。側近のひとりが白須賀氏です。白須賀氏は“汚れ役”を買って出ている。『進次郎氏の盾になる』と公言しています。進次郎氏が若手議員とつくった<2020年以降の経済財政構想小委員会>、通称<小泉小委員会>の幹事も務めている。自民党の部会では、進次郎氏が言いたくても言えないことを代わりに発言する姿が目撃されています」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る