錯乱と迷走 むかし陸軍いま安倍晋三という悪夢と悲劇 <上>

公開日: 更新日:

「私が決断した以上、私の責任において、さまざまな課題に万全の対応をとる決意であります」

「内閣総理大臣として国民の命と暮らしを守る。その大きな責任を果たすため、これからも先頭に立って、なすべきことは決断していく」

 感染拡大に歯止めがかからない新型コロナウイルス対応をめぐり、先週土曜(2月29日)に開かれた安倍首相の記者会見。“危機管理のアベ”が聞いて呆れる薄っぺらな内容だった。

 文科省の反対を押し切り、「強いメッセージ」にこだわって独断で強行した全国一斉休校については、「断腸の思い」「責任ある立場として判断しなければならなかった」などと情緒的な説明に終始。感染者が確認されていない地域も含め、なぜ一律の対応が必要なのか。感染防止にどれだけの効果があるのか。出口戦略をどう描いているのか。後手後手対応の揚げ句に社会を大混乱に陥れながら、科学的知見に基づく説明は一切なし。根拠が全く不明な上、こんな精神論を振りかざし始めたのにはゾッとさせられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る