内紛勃発か? 組織委理事が東京五輪「2年延期」発言の衝撃

公開日: 更新日:

 センバツ高校野球の史上初の開催中止が決まった11日、東京五輪の開催を巡っても驚きのニュースが駆け巡った。〈東京五輪、今夏開催断念なら1、2年延期が現実的〉――。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)がこんな見出しで、五輪組織委員会の高橋治之理事のインタビュー記事を掲載。とうとう身内から“延期説”が飛び出した。

 記事によると、高橋理事は「あり得るとすれば、中止ではなく延期だろう」との考えを示し、「中止になったらIOC(国際オリンピック委員会)が大変だろう。(IOCに支払われた)アメリカの放映権料だけでも莫大だ」と指摘。来年のスポーツイベントのスケジュールがほぼ決まっていることを理由に、2年延期が最も調整しやすいと語ったという。

 IOCも組織委も「中止や延期は検討していない」とコメントしたばかり。それだけに、高橋理事の発言は衝撃的だ。ある組織委関係者がこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る