五輪開幕確信のバッハ会長 “2度目の手のひら返し”に要注意

公開日: 更新日:

 この人の言葉を信用してはいけない。

 猛威を振るう新型コロナウイルスの感染者は、日本を含め世界107の国と地域で11万人を超えた。国内では9日、政府専門家会議のメンバーが、「新型コロナウイルスはインフルエンザのように暖かくなると消えるウイルスではない。対応が数カ月から半年、年を越えて続くかもしれない」と長期化の可能性について言及した。

 テレビは朝から晩まで「コロナ、コロナ」で危機感が募る毎日だが、この人だけはノーテンキだ。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長のことだ。

 IOCの理事たちは日本の現状を知ってか知らずか、先週の理事会で東京五輪の中止に関しては議論されなかったという。そればかりかバッハ会長は「東京五輪の成功に自信を持っている。7月24日の五輪開幕を確信している」と明言。昨10日のNHKが報じたニュースによれば、福島県営あづま球場で行われる五輪野球の第1戦を観戦する方向で調整していることがわかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る