橋本五輪相あえてIOC理事会開催中に“開催延期”発言の真意

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれているからだろう。橋本聖子五輪相は3日、参院予算委員会で東京五輪の開催延期に言及した。

 国際オリンピック委員会(IOC)と東京都との契約には、「大会は2020年内に開催されるべき」と示されていると説明。「20年中であれば延期できると取れる」と語った。こんな話が出たのは初めてだ。

 IOCは3日からローザンヌ(スイス)で理事会を行っていた。海外の主要メディアは橋本発言を重くみて一斉に報じた。するとIOCのバッハ会長は現地3日、「東京五輪は計画通り7月24日に開幕する。成功に自信を持っている」と、理事会の途中に明言。IOCの報道官も「現在の状況から判断して変更する理由はない。予定通り開催する」と話し、両者とも橋本五輪相の解釈を否定するかのような会見だった。

 4日は新型ウイルスの国内感染者が1000人を超えた。IOCのコーツ調整委員長はすでに、五輪を予定通り開催するかの判断は5月という認識を示している。

「だからです。五輪中継を担う米NBCは莫大な放映権を払っていると同時に、全米で人気ナンバーワンのNFL(全米フットボールリーグ=9月第1週開幕)の放映権も持っている。世界的なスポーツイベントが少ないから8月に五輪が開催されているわけです。そんなことは、五輪の申し子と呼ばれる橋本大臣は百も承知です。IOCの理事会開催中に『開催延期』のアドバルーンをあげて可能性を探り、世界やIOCの反応を見たかったのではないか」(ある競技団体の幹部)

 バッハ会長の口ぶりでは開催延期の可能性はゼロに等しい。短期間での感染者激減を祈るしかない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず