ドンの娘婿が小野陣営を応援 自民都連が狙う小池勝利阻止

公開日: 更新日:

 都知事選2度目の選挙サタデーの27日昼の秋葉原。駅前で演説する維新推薦の小野泰輔候補を見つめていたのは、自民党所属の内田直之・千代田区議だ。「都議会のドン」と呼ばれ、小池都知事とバトルを演じた内田茂・前都議の娘婿である。

 直之氏は応援演説こそ行わなかったが、街宣を終えて選挙カーから降りてきた小野氏と握手。知事選で自民党都連は自主投票の対応だ。ひょっとして引退後も影響力を残す「ドン」の意向で、娘婿は小野支援に回るのか。本人を直撃した。

「自宅から近いので演説を聞きに来た。小野陣営には事前に来訪を告げました。私は熊本出身。(元熊本県副知事の)小野さんを見たかった」

 ――都連が小野支援に回る可能性は?

「上からは何も指示されていません。私なんか下っ端。何の影響力もない。ただ、父の元には、小野さんが挨拶に訪れたそうです。あいにく、父は不在でしたが。都連は知事選以上に都議補選に力を入れています。私もこれから(都議選のある)北区に向かいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  8. 8

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る