保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

「きみの電報を握りつぶした」と打ち明けた瀬島龍三

公開日: 更新日:
1942年2月15日、パーシバルと会見。写真は山下奉文軍司令官(向こう側左端の着席している人物)に降伏を申し入れるパーシバル英軍司令官(手前右)。山下の隣に立っているのは通訳を務めた情報参謀の杉田一次中佐(シンガポール・ブキテマのフォード事務所)/(C)共同通信社

 情報参謀の堀栄三が送った台湾沖航空戦への疑問の電報は、大本営作戦部にどのような影響を与えたのか。つまりは与えなかったからルソン島決戦はレイテに変えられたとも言える。大本営の情報参謀の杉田一次も東京から山下司令部に来て、「台湾沖航空戦でアメリカ海軍は大きな損害を受けている。レイテ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る