コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

公開日: 更新日:

現職の強みのマヤカシで2期目突入の喜劇的結末

「都民の力強い支援に対し、大変うれしく感じると同時にこれから大切な2期目の重責を担っていく、その重さに大変責任を感じる」

 投票終了後、たった4秒で当選確実。コロナ禍の都知事選に圧勝した“女帝”は当確後の第一声まで「3密」回避にこだわった。

 5日、小池知事が選挙事務所への出入りを許したメディアは、都庁の記者クラブ加盟の数社のみで、その他は排除。同時に数人しか入れず、記者とカメラマンは入れ代わり立ち代わり。独善的な身勝手さは、彼女の正体を物語る。

 今回の選挙を通じて小池がまざまざと見せつけたのは「自分ファースト」の本性。利用できるものは何でも利用するしたたかさと醜さだ。

 コロナ対策に本気になったのは五輪延期が決まってから。

 急に「ロックダウン」「オーバーシュート」と強烈な言葉を駆使した狙いは選挙前の露出度アップだ。自らの出演CMに都民の血税9億円を費やす電波利用。一時は彼女の顔を見ない日はなかったほどだ。その後も会見のたび、「感染爆発 重大局面」「STAY HOME」「ウィズコロナ」など緑を用いたパネルをかざし、自身のイメージカラーを有権者に刷り込み続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る