都が「夜の街」協力金50万円を負担 区市町村の休業要請で

公開日: 更新日:

 新型コロナの感染者が相次ぐホストクラブなどの接待を伴う飲食店に対し、東京都は休業要請に応じた店に最大50万円の「協力金」を負担する方針を固めた。9日、複数のメディアが報じた。

 休業要請は区市町村が行い、店が10日間以上休んだ場合に支払う方向で調整中。経済への影響を最小限に抑えるため、従来型の一律の休業要請ではなく、区市町村と連携したピンポイント要請で感染拡大を防ぐ方針だ。9日公表する3000億円規模の補正予算に関連予算を計上する。

「夜の街」への休業要請を巡っては、豊島区が7日、独自に50万円の協力金を支払う方針を公表し、都に財政支援を要請していた。都はそれに応じた上で、さらに他の市区町村でも休業要請が拡大するよう後押しをする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る