森功
著者のコラム一覧
森功ノンフィクション作家

1961年、福岡県生まれ。出版社勤務などを経て、2003年からノンフィクション作家として活動を開始。「ヤメ検 司法エリートが私欲に転ぶとき」「同和と銀行」「腐った翼 JAL消滅への60年」「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」「官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪」など著書多数。最新刊は最新刊は「ならずもの井上雅博伝 ヤフーを作った男」(講談社)。

<10>前田泰宏は安倍を守るためのスケープゴートだったのか

公開日: 更新日:
経済産業省中小企業庁長官の前田泰宏氏(C)日刊ゲンダイ

 持続化給付金事業では、中小企業庁長官の前田泰宏が、事業発注の決裁責任者としてつるし上げられてきた。米テキサス州で行われるイベント「サウス・バイ・サウスウエスト」(S×SW)の出張の折、「前田ハウス」と命名した宿舎で給付金事業のキーマンである元電通の平川健司と会っていたことから、…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る