橋本岳副大臣と自見政務官 2週間5回の“濃厚接触”不倫報道

公開日: 更新日:

 安倍首相がまた、口先だけの任命責任を痛感するのか。新型コロナ禍で激務が続く厚労省職員を尻目に、同省副大臣と政務官のカップルが不倫騒動だ。

 問題の2人は、厚労副大臣の橋本岳衆院議員(46)と厚労政務官の自見英子参院議員(44)。感染再拡大中の今月17日、自見氏の待つ参院宿舎の「裏口」から橋本氏が忍び込み、一晩を過ごすなど2週間に5回も密会を重ねる様子を、30日発売の週刊文春が詳報している。

 2人は今年2月10日から3月1日まで集団感染が発生した「ダイヤモンド・プリンセス号」に揃って乗船。泊まり込みで陣頭指揮に当たったことが“濃厚接触”を繰り返すきっかけになったという。

「2月下旬に橋本副大臣は船内写真を自身のツイッターに投稿。『清潔ルート』『不潔ルート』の区画分けを証明するつもりが、逆に不完全な区画分けを証明する写真と見なされ、投稿を削除したことで悪名を馳せました」(厚労省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る