ワーケーションで不倫横行?仕掛け人と囁かれる側近の名前

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、安倍政権が打ち出した「ワーケーション」。旅先で休暇を楽しみながらテレワークするという、仕事と観光を両立させようとする案で、27日の政府の観光戦略実行推進会議で、菅官房長官が「新しい旅行や働き方のスタイルとして支援していく」と明言し、注目が集まっている。

 菅氏は、出張の前後に休暇を取って余暇を楽しむ「ブレジャー」とともに推進したい考えを示していたが、タレントのヒロミがテレビ番組で、「無理でしょ」「どのタイミングで(仕事と旅行を)分けるのか。仕事をしてて、いなくなったら(上司に)『どこ行ってんだよ』(と注意されて)『温泉入ってました』って。そんな旅、嫌じゃない?」と指摘していた通り、今の日本で「ワーケーション」や「ブレジャー」を積極的に活用できる企業が果たしてどれだけあるのか。

 見切り発車の「Go To トラベル」といい、思い付きとしか思えない「ワーケーション」といい、どれも愚策の極みとしか言いようない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る