保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

政治小説家と大陸浪人 犯人・中岡を取り巻く黒い人間関係

公開日: 更新日:
原敬前総裁の3周忌に出席した政友会幹部。前列右から高橋是清総裁、田中義一陸相、徳川家達貴族院議長、山本達夫氏、野田卯太郎氏、中橋徳五郎氏、後列右は大岡育造氏(1923年11月4日、東京・芝の増上寺)/(C)共同通信社

 原敬暗殺の犯人・中岡艮一の法廷で、中岡を知る大塚駅の駅員や上役(教唆の疑いが持たれ逮捕された助役の橋本栄五郎ら)が証人に立った。その中でやはり転轍手で年齢が同じだった染谷は中岡から、原を倒すから仲間になってくれ、と頼まれたという。染谷は「そんなことをせずに職務を果たしていればい…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る