「自助」どこへ? 菅首相の丸投げ答弁に野党議員あきれ顔

公開日: 更新日:

「まずは自分でやってみるのではなかったのか」――。日本学術会議の会員候補6人の任命拒否問題をめぐり、国会で連日、支離滅裂な答弁を続けている菅首相に対し、野党側からこんな怒りの声が出ている。

【写真】この記事の関連写真を見る(17枚)

 総裁選の時から、菅首相が掲げていたのが「自助・共助・公助、絆」。この意味を問われた際、菅首相は「まずは自分でやってみる、国民の皆さんの創意工夫を大事にしながら家族や地域で助け合っていく」などと言っていたはず。

 ところが衆参の予算委では自身のキャッチフレーズの「自助=まずは自分」はどこへやら。菅首相は、野党議員から学術会議問題について厳しく問われるたび、慌てて後ろの秘書官を振り返ってゴニュゴニョ。そこで受け取ったメモや答弁書をぼそぼそと読むばかりだったから呆れてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る