トランプ勝利なら外交特使に 安倍前首相“再々登板”への道

公開日: 更新日:

 終盤はほぼ横一線のアメリカ大統領選。開票作業が進む中、トランプ大統領は4日午前2時30分(日本時間=午後4時30分)すぎにホワイトハウスで選挙事務所幹部らを前に演説し、「勝利の準備はできている、いやハッキリ言って勝利した」と、事実上の“勝利宣言”を行った。

 これに小躍りして喜んでいるのが、安倍前首相と周辺だという。

「トランプ大統領と世界で一番仲がいい政治家が安倍さんで、ゴルフ外交で築いた強固な信頼関係がある。菅総理は官房長官時代からゴルフを封印していますからね。トランプ再選となれば、日本政界はもちろん、国際社会でも安倍さんの存在感が高まるでしょう」(自民党若手議員)

 安倍前首相自身、退陣直後の9月18日に読売新聞に掲載されたインタビューで、「外交特使」として菅政権を支える意向を明らかにしていた。政権をブン投げておいて何を言ってるのかと思うが、すっかりソノ気のようで、最近は仲間内の会合に参加するなど精力的に活動している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  2. 2
    MLB労使協定失効まで1週間…大谷翔平がロックアウト不可避なら“大損”する理由

    MLB労使協定失効まで1週間…大谷翔平がロックアウト不可避なら“大損”する理由

  3. 3
    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

  4. 4
    眞子さんの結婚は「国民」の気持ちに反していたのか? 皇室ジャーナリストの発言に違和感

    眞子さんの結婚は「国民」の気持ちに反していたのか? 皇室ジャーナリストの発言に違和感

  5. 5
    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

もっと見る

  1. 6
    斉藤鉄夫国交相に特大ブーメラン!「買収」に対して誰よりも厳しかった国会答弁の数々

    斉藤鉄夫国交相に特大ブーメラン!「買収」に対して誰よりも厳しかった国会答弁の数々

  2. 7
    ますます高まる「CSなんかやめちまえ!」 セパ王者対決白熱で日本シリーズのあり方浮き彫り

    ますます高まる「CSなんかやめちまえ!」 セパ王者対決白熱で日本シリーズのあり方浮き彫り

  3. 8
    巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

    巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

  4. 9
    岸田首相が率先して「議員特権」を享受 原宿に億ション所有も“格安”議員宿舎入居の怪

    岸田首相が率先して「議員特権」を享受 原宿に億ション所有も“格安”議員宿舎入居の怪

  5. 10
    巨人CS惨敗の赤っ恥で案の定…「大補強」今オフもやるってよ! 弱い金満が狙う6人の名前

    巨人CS惨敗の赤っ恥で案の定…「大補強」今オフもやるってよ! 弱い金満が狙う6人の名前