伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テクニックの崩壊」(講談社)、「黒幕」(小学館)などがある。

内規違反か?政党交付金が政治家個人に寄付された異常事態

公開日: 更新日:

 年間約320億円が支給される政党交付金は、贈収賄の温床となる企業や個人からの献金を抑制しようと、1994年、政党助成法として成立したもので、国民1人当たり年間250円を支出、直近の国勢調査をもとに決定される。自由な政治活動を尊重、使途に制限はないが、報告は細かく求めており、総務省のHPでチェックできる。

 筆者は、後述する事情で新潟県の政治家動向を調べており、その際、昨年末解散の自由民主党新潟県参議院選挙区第2支部の「使途等報告書」で、気になる記述を発見。2019年に2900万円が交付され、そのうち19年5月28日に1100万円、6月19日に400万円が、塚田一郎参院議員(第2支部長)個人に寄付されている。ベテラン秘書は、「政治家個人への寄付など、あり得ないこと」と、クビをひねる。

「国民の浄財ですから、自民党では厳しく管理、会計士の監査も党本部経理局のチェックも受けます。政党活動への助成が、議員個人に回ったのでは国民の理解を得られないと、個人への寄付は内規で禁じています」

 塚田氏は、塚田十一郎元郵政相・元新潟県知事を父に持つ2世で、麻生太郎財務相の秘書を経て政界入り。07年に初当選、13年に再選され、内閣府、国土交通省、復興庁の副大臣を務めるなど、順調にキャリアを積んでいた。だが、3選を狙う参院選の直前、舌禍事件を起こす。19年4月、福岡県北九州市の集会で、「下関北九州道路」が国の直轄事業に移行したことに関し、「総理(安倍首相)とか副総理(麻生氏)が言えないので、私が忖度した」と発言。下関が安倍氏の、北九州が麻生氏の地元なので、タチの悪い冗談だったが、「モリ・カケ騒動」以降、忖度がタブーとなっていただけに物議を醸し、塚田氏は副大臣を退任。発言が響いて、7月の参院選で落選した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す