伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テクニックの崩壊」(講談社)、「黒幕」(小学館)などがある。

9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

公開日: 更新日:

 菅義偉首相が、地元・横浜で成長戦略の要と位置づけるカジノを含む統合型リゾート(IR)の推進に苦労している。

 コロナ禍によって世界のカジノ収入が前年比9割以上の減少で壊滅状態。そのためIRスケジュールは9カ月遅延、自治体からの申請受け付けを来年10月からとした。

 ただでさえ横浜市民の7割近くがアンケートでは反対。住民運動は盛り上がりを見せ、「カジノの是非を決める横浜市民の会」は、住民投票の実施を求める署名が、今月20日までに提出に必要な人数を超える10万6742筆集まったことを明らかにした。また、「一人から始めるリコール(解職請求)運動」は、今月5日から林文子市長のリコールに必要な約49万人の署名を集める活動を始めている。

 ただ、反対運動そのものは想定内。中華街、元町商店街、山下公園、大さん橋、赤レンガ倉庫といったハイカラな雰囲気を伝える「ヨコハマ観光スポット」の至近距離に巨大賭博場ができれば、風紀の乱れやギャンブル依存症の急増が予想されるだけに、イエスかノーかを問われれば、ノーが圧倒的なのは道理。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る