北海道2区補選は自民“不戦敗” ダメージ軽減で菅降ろし封じ

公開日: 更新日:

 国政選挙を“不戦敗”とは、よほどのことだ。4月25日に実施される衆院北海道2区の補欠選挙について、自民党が候補者を擁立しないことを決定した。北海道2区の補欠選挙は、鶏卵汚職で立件された吉川貴盛元農相(70)の議員辞職に伴って実施される。これで野党の勝利が確定した。

 むざむざ1議席を捨てたのは、“菅降ろし”を阻止するためだとみられている。実際、候補者の擁立を断念したことで、菅降ろしにブレーキがかかる可能性があるという。

「4月25日には、参院長野選挙区の補欠選挙も予定されています。北海道2区はもちろん、参院長野選挙区も自民党は敗北濃厚です。もし、野党とガチンコ勝負して“補選2連敗”となったら、“やっぱり、不人気の菅総裁では選挙に勝てない”と、自民党内で菅降ろしの動きが強まったはずです。自民党の下村博文政調会長も『2敗した場合、政局になる』と予告していた。首相周辺は、正面から戦って2敗するよりも、1敗1不戦敗とした方がダメージが小さいと計算したのでしょう。実際、1敗1不戦敗なら、菅政権に与えるダメージは大きくならないはずです」(政界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る