しがみつく原発マフィア トランプ支持のカルト団体みたい

公開日: 更新日:

 来月で、福島原発事故から10年が経つ。

 原因究明も中途半端なのに、避難民は支援金を打ち切られ、20ミリシーベルト以下の汚染地へ、帰郷せよと迫られている。国際基準の数値は、1ミリシーベルト以下だというのにだ。

 メルトスルーして地下に潜り込んだデブリは放置されたままだし、汚染水も流れっ放し。

 たまる一方の核廃棄物にしても、処分する方法も場所も未定だ。

 原発は「安全」「安価」の2本柱で推進されてきたが、今ではどちらも真っ赤なウソだと証明されている。ついでに、3つ目のウソも付け加えれば、「原発がないと電力が足りない」というデマだ。これは電力需要量と供給量のグラフを見れば一目瞭然。電力はいつも、原発の発電量分だけ余ってきた。

 それでも原発にしがみつき、再稼働を策謀するグループがいる。論理性、科学性を無視して突進する姿は、トランプ支持のカルト宗教団体のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る