立民・本多平直議員が辞職表明…「党員資格停止」が致命的な政治家の選挙とカネ

公開日: 更新日:

 立憲民主党の本多平直衆院議員が27日、党会合での性交同意年齢をめぐる不適切発言の責任を取って離党、近く議員辞職する意向も示した。

 党倫理委員会で党員資格停止1年が答申され、27日にも常任理事会がそれを認める見通しになっていたが、その前に自ら離党を届け出た。

 党員資格停止・公認取消という処分について本多氏は「政党政治家として政治生命が絶たれる」と抗議(経緯について詳細なPDF文書は本人のツイッターにアップロードされている)。同僚議員からも同情する声も上がっていたが、党員資格を失うことはそれほど致命的なのか。今秋には衆院議員総選挙が予定されている。

この背景について旧民主党の元衆院議員は次のように説明する。

「本多さんの場合は比例復活頼み。2017年の衆院選では小選挙区と比例の重複立候補し、比例復活で当選しました。立憲の比例名簿に名前が搭載されるためには立憲民主党という政党の党員であることが要件になります。小選挙区で闘うのが厳しく比例復活頼みの候補者にとって党員資格停止1年停止も離党も同じことになんですよ。今年2月、緊急事態宣言下で酒を飲みに行ったことばバレて二階幹事長から離党勧告を受けた自民党松本純元国家公安委員長はすぐに離党しました。選挙に強い候補者は無所属で小選挙区で出て勝てばまた党に復活できるからです。自民党がほかの候補者を出してきたら喧嘩になるからいやでしょうけどね。比例復活頼みの候補者とは違います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった