甘利前幹事長が2週間ぶりツイッター更新…番組出演“宣伝”の厚顔無恥と目に余る我田引水

公開日: 更新日:

 銃撃事件で横死した安倍元首相の追悼演説を務める予定だった自民党の甘利前幹事長が5日、約2週間ぶりに自身のツイッターを更新。秋の臨時国会へ先送りとなった追悼演説に、思うところがあるようだ。

《7月29日に放送されたCS放送TBSNEWS「国会トークフロントライン」を記事でお読みいただけます》──。投稿はこんな内容。記事は同番組に安倍の“盟友”としてゲスト出演した甘利氏の発言をまとめたものだ。

 番組冒頭、安倍との関係について聞かれた甘利氏は、「この話題になると涙が出てきちゃってダメなんですが……」と前置きしつつ、「(安倍氏の死は)世界(にとって)の喪失」「偉大な政治家を失ってしまった」などと雄弁だった。

 問題の追悼演説については、「静かな環境でやるべきだと思う」と強調。誰が演説を行うかについて、安倍の妻・昭恵夫人の意向があったかを聞かれると、「『そういうご要請があれば当然、もちろんお受けしますよ』と内々のことで(国対委員長に)お返事だけしました」と明かした。

 そもそも、追悼演説は甘利氏が3日召集の臨時国会で実施する案が浮上していたが、人選に与野党から反発が続出。甘利氏が自身のブログで安倍派の後継者について「誰一人、現状では全体を仕切るだけの力もカリスマ性もない」などとコキ下ろし、同派幹部から大ヒンシュクを買ったことも反発の火に油を注いだ。自ら国会をザワつかせる火種をつくったのに「静かな環境づくり」を訴えるとは、あまりにもツラの皮が厚い。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声