「マー君は2年以内に故障」…爆弾スカウティングリポート流した真犯人

公開日: 更新日:

<「想像以上の負荷」>

「ダルより制球がいいうえに、フォークの落差や精度もダル以上だ。現時点では非の打ちどころのない投手だが、あのフォームは手首に想像以上の負荷がかかる。2年以内にリストを故障する可能性が高い」

 あるメジャー球団の楽天田中将大(24)に関するスカウティングリポートの一部には、こんな記述があるという。
「ダルより制球もフォークもいい」のは分かるとして、引っ掛かるのは「2年以内に手首を故障する可能性が高い」という点だ。

 これまで10球団近いメジャー球団の米国人スカウトが、わざわざ日本まで足を運んで田中の投球を視察。このスカウティングリポートは、その中のひとりによって作成されたものらしい。

 どの球団のリポートかは分からない。ただ、西海岸の代理人関係者を通じて、私の耳に入っているくらいだ。すでにメジャーのほとんどの編成担当者は田中の手首故障説、いや、正確には故障する可能性ありとみている球団があることは知っているだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る