打法変更がアダ? 原監督の“熱血指導”でかえって深まる坂本の迷い

公開日:  更新日:

 巨人の坂本勇人(24)が珍しく悩んでいる。

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ前に原監督に助言され、左足をあまり上げない打法に変えたことが原因だ。

 今季は打率・265。見るに見かねた指揮官が動いた。でも、本人はしっくりこなかった。CS第1戦で広島の大竹から放った同点弾は、教えを無視して足を高く上げる元の打法で放ったもの。足を上げたり、上げなかったりしたCSは10打数2安打。原監督に言われた通りにするべきか、自分の打法を貫くべきか、迷いが数字に表れたのかもしれない。

 左足を上げ、ヒザから先を伸ばす投手のモーションのような打法は、考えに考えた末、昨年から採用している。本人は「いろいろとタイミングの取り方をやってきたけど、やっとしっくりくるものにたどり着いた気がするんです」と漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る