レッドソックス上原&田沢 好投の陰にバレンタインの「置き土産」

公開日: 更新日:

 今季のレッドソックス投手陣の屋台骨を支えた上原浩治(38)、田沢純一(27)の日本人リリーバーの活躍は前監督の後押しもあった。

「前監督」とは言うまでもなく、昨季限りで解任されたボビー・バレンタイン氏(元ロッテ監督)のことだ。昨季、終盤に田沢がマイナーから昇格したのはバレンタイン監督の鶴の一声があったからだ。

 昨季のバレンタイン監督は、負けても采配を正当化する発言を繰り返して選手から猛反発にあった。指揮官は反抗的な態度を取った主力を軒並み放出した。選手に嫌気が差していたバレンタイン監督は従順な日本人選手を昇格させたといわれる。チームが低迷していたこともあり、球団は田沢には無理をさせない方針だっただけに、バレンタイン氏が指揮を執っていなければ、昨季終盤に田沢はアピールする機会すら与えられなかった可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る