レッドソックス上原&田沢 好投の陰にバレンタインの「置き土産」

公開日: 更新日:

 今季のレッドソックス投手陣の屋台骨を支えた上原浩治(38)、田沢純一(27)の日本人リリーバーの活躍は前監督の後押しもあった。

「前監督」とは言うまでもなく、昨季限りで解任されたボビー・バレンタイン氏(元ロッテ監督)のことだ。昨季、終盤に田沢がマイナーから昇格したのはバレンタイン監督の鶴の一声があったからだ。

 昨季のバレンタイン監督は、負けても采配を正当化する発言を繰り返して選手から猛反発にあった。指揮官は反抗的な態度を取った主力を軒並み放出した。選手に嫌気が差していたバレンタイン監督は従順な日本人選手を昇格させたといわれる。チームが低迷していたこともあり、球団は田沢には無理をさせない方針だっただけに、バレンタイン氏が指揮を執っていなければ、昨季終盤に田沢はアピールする機会すら与えられなかった可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る