レッドソックス上原&田沢 好投の陰にバレンタインの「置き土産」

公開日: 更新日:

 今季のレッドソックス投手陣の屋台骨を支えた上原浩治(38)、田沢純一(27)の日本人リリーバーの活躍は前監督の後押しもあった。

「前監督」とは言うまでもなく、昨季限りで解任されたボビー・バレンタイン氏(元ロッテ監督)のことだ。昨季、終盤に田沢がマイナーから昇格したのはバレンタイン監督の鶴の一声があったからだ。

 昨季のバレンタイン監督は、負けても采配を正当化する発言を繰り返して選手から猛反発にあった。指揮官は反抗的な態度を取った主力を軒並み放出した。選手に嫌気が差していたバレンタイン監督は従順な日本人選手を昇格させたといわれる。チームが低迷していたこともあり、球団は田沢には無理をさせない方針だっただけに、バレンタイン氏が指揮を執っていなければ、昨季終盤に田沢はアピールする機会すら与えられなかった可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る