レッドソックス上原&田沢 好投の陰にバレンタインの「置き土産」

公開日:  更新日:

 今季のレッドソックス投手陣の屋台骨を支えた上原浩治(38)、田沢純一(27)の日本人リリーバーの活躍は前監督の後押しもあった。

「前監督」とは言うまでもなく、昨季限りで解任されたボビー・バレンタイン氏(元ロッテ監督)のことだ。昨季、終盤に田沢がマイナーから昇格したのはバレンタイン監督の鶴の一声があったからだ。

 昨季のバレンタイン監督は、負けても采配を正当化する発言を繰り返して選手から猛反発にあった。指揮官は反抗的な態度を取った主力を軒並み放出した。選手に嫌気が差していたバレンタイン監督は従順な日本人選手を昇格させたといわれる。チームが低迷していたこともあり、球団は田沢には無理をさせない方針だっただけに、バレンタイン氏が指揮を執っていなければ、昨季終盤に田沢はアピールする機会すら与えられなかった可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る