上原の大躍進 秘密は「メジャーで2番目に遅い球」と権藤博氏

公開日: 更新日:

 上原浩治(38)の球は速くない。真っすぐの平均は144キロ。これは、メジャーの抑え投手で2番目に遅いのだという。144キロは平均の数字だから、140キロに届くか届かないかという程度の直球も少なくない。

 例えば、大魔神といわれた佐々木主浩には150キロを超える速球があった。代名詞のフォークは140キロ。たまに投げるカーブは遊びのようなもので、真っすぐとフォークだけで三振の山を築いた。150キロの速球があるからこそフォークがより威力を発揮した。阪神で活躍した藤川球児(カブス)も同タイプに分類でき、ストッパーといえば? と聞かれたら、野球ファンの多くが佐々木や藤川のような投手をイメージするだろう。

 スピードという点で、上原は明らかに2人より劣る。が、それがいい。140キロしか出ない速球が、ストッパー上原の強みになっているというのが、私の見立てだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る