上原の大躍進 秘密は「メジャーで2番目に遅い球」と権藤博氏

公開日: 更新日:

 上原浩治(38)の球は速くない。真っすぐの平均は144キロ。これは、メジャーの抑え投手で2番目に遅いのだという。144キロは平均の数字だから、140キロに届くか届かないかという程度の直球も少なくない。

 例えば、大魔神といわれた佐々木主浩には150キロを超える速球があった。代名詞のフォークは140キロ。たまに投げるカーブは遊びのようなもので、真っすぐとフォークだけで三振の山を築いた。150キロの速球があるからこそフォークがより威力を発揮した。阪神で活躍した藤川球児(カブス)も同タイプに分類でき、ストッパーといえば? と聞かれたら、野球ファンの多くが佐々木や藤川のような投手をイメージするだろう。

 スピードという点で、上原は明らかに2人より劣る。が、それがいい。140キロしか出ない速球が、ストッパー上原の強みになっているというのが、私の見立てだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る