上原の大躍進 秘密は「メジャーで2番目に遅い球」と権藤博氏

公開日:  更新日:

 上原浩治(38)の球は速くない。真っすぐの平均は144キロ。これは、メジャーの抑え投手で2番目に遅いのだという。144キロは平均の数字だから、140キロに届くか届かないかという程度の直球も少なくない。

 例えば、大魔神といわれた佐々木主浩には150キロを超える速球があった。代名詞のフォークは140キロ。たまに投げるカーブは遊びのようなもので、真っすぐとフォークだけで三振の山を築いた。150キロの速球があるからこそフォークがより威力を発揮した。阪神で活躍した藤川球児(カブス)も同タイプに分類でき、ストッパーといえば? と聞かれたら、野球ファンの多くが佐々木や藤川のような投手をイメージするだろう。

 スピードという点で、上原は明らかに2人より劣る。が、それがいい。140キロしか出ない速球が、ストッパー上原の強みになっているというのが、私の見立てだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る