則本リリーフ待機も想定外…巨人を追い詰めた「誤算」と「読み違い」の連続

公開日: 更新日:

 巨人になかなか風が吹かない。

 これで対戦成績は2勝3敗。楽天に王手をかけられた。この日は4安打2得点と、またも貧打地獄。第6戦の楽天の先発は無敗の絶対的エース田中が予想される。原監督は「1日あるからしっかり考える」と話したが、絶体絶命だ。

 深刻なのはシリーズの打率.118の3番坂本と.071の4番阿部。この日は揃って3タコで坂本に至っては3三振。誰しもが「いつか打つだろう」と思い、その「いつか」はまだやってこない。巨人の橋上戦略コーチは第3戦の前にこう話していた。
「則本は球に勢いがあるんだけど、コントロールもいい。厄介な投手です。マー君の前に5戦目の先発の則本攻略ですよ。則本のリリーフ待機? それはないと思うよ」

 31日の第4戦で則本がベンチに入ったため、巨人側に救援待機がバレたものの、東京ドームの3連戦が始まる前には、楽天のこの投手起用は想定していなかったことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る