日本シリーズ2戦で7安打…原監督のカミナリ恐れる巨人「ID班」

公開日: 更新日:

 日本シリーズは2試合を終えて1勝1敗。巨人としては想定内の結果だが、自慢の強力打線が2戦で3安打と4安打、たった7本しか安打を放っていない。原辰徳監督(55)は昨28日の練習で「ここというところで打てる打線になるように期待したい」と話した。

 打てない時、決まってとばっちりを食うのがデータ部門の戦略室。第2戦の田中相手の指示は「早めに攻めろ」だった。だが、早打ちを楽天バッテリーに逆手に取られ、完投勝利を許した。第6戦までいけば、また田中と対戦する。スコアラー陣はデータの洗い直しに躍起になっている。

 あの時もそうだった。完封負けを喫した5月28日のソフトバンク戦の後のことだ。原監督が「選手を迷わすくらいなら指示しない方がいい。分からないのに、分かっているような指示をする方がよっぽど悪い」とコメントした。「私も含め」とはしたものの、打てない原因はコーチにあると厳しく指摘。チーム内はこれをチーフスコアラーを兼任する橋上戦略コーチを指すものと受け止め、一時緊迫した空気が流れたことがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る