日本シリーズ2戦で7安打…原監督のカミナリ恐れる巨人「ID班」

公開日: 更新日:

 日本シリーズは2試合を終えて1勝1敗。巨人としては想定内の結果だが、自慢の強力打線が2戦で3安打と4安打、たった7本しか安打を放っていない。原辰徳監督(55)は昨28日の練習で「ここというところで打てる打線になるように期待したい」と話した。

 打てない時、決まってとばっちりを食うのがデータ部門の戦略室。第2戦の田中相手の指示は「早めに攻めろ」だった。だが、早打ちを楽天バッテリーに逆手に取られ、完投勝利を許した。第6戦までいけば、また田中と対戦する。スコアラー陣はデータの洗い直しに躍起になっている。

 あの時もそうだった。完封負けを喫した5月28日のソフトバンク戦の後のことだ。原監督が「選手を迷わすくらいなら指示しない方がいい。分からないのに、分かっているような指示をする方がよっぽど悪い」とコメントした。「私も含め」とはしたものの、打てない原因はコーチにあると厳しく指摘。チーム内はこれをチーフスコアラーを兼任する橋上戦略コーチを指すものと受け止め、一時緊迫した空気が流れたことがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る