• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山崎武司が直言「巨人が警戒すべきは今後もジョーンズ、マギーより銀次」

 予想どおり第2戦は息詰まる投手戦となった。楽天の先発・田中と巨人の菅野。共にリーグ屈指の好投手だけに、互いに大量点を奪えないことは予想できた。そのうえで打者の観点から勝敗のポイントを挙げるとすれば、巨人投手陣の助っ人2人(ジョーンズ、マギー)への過剰な警戒と、3番・銀次への警戒心の希薄さだったと思う。

<2人で5四球>

 巨人投手陣はこの日、楽天打線を勢いづかせないよう、ジョーンズ、マギーの2人への攻めに異常なほど気を使っていた。2人に対し菅野、沢村、マシソンの3人で計5つもの四球を与えた(ジョーンズ3四球、マギー2四球)。直接得点に結びつかなかったとはいえ、楽天に得点チャンス、勝てるムードが生まれたのは明白だ。

 今年の楽天打線が機能したのは4番・ジョーンズ、5番・マギーの一発や勝負強さがあればこそ。短期決戦でこの2人を最も警戒しなければならないことも理解できる。しかし、この2人の活躍が光ったのは、公式戦でリーグ4位の打率.317をマークした3番・銀次が出塁してチャンスメークをしたからだ。ジョーンズの公式戦の打率は.243、マギーは.292なのだから、マークすべきはむしろ銀次の方。なのに巨人は銀次への攻めをおろそかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る