山崎武司が直言「巨人が警戒すべきは今後もジョーンズ、マギーより銀次」

公開日: 更新日:

 予想どおり第2戦は息詰まる投手戦となった。楽天の先発・田中と巨人の菅野。共にリーグ屈指の好投手だけに、互いに大量点を奪えないことは予想できた。そのうえで打者の観点から勝敗のポイントを挙げるとすれば、巨人投手陣の助っ人2人(ジョーンズ、マギー)への過剰な警戒と、3番・銀次への警戒心の希薄さだったと思う。

<2人で5四球>

 巨人投手陣はこの日、楽天打線を勢いづかせないよう、ジョーンズ、マギーの2人への攻めに異常なほど気を使っていた。2人に対し菅野、沢村、マシソンの3人で計5つもの四球を与えた(ジョーンズ3四球、マギー2四球)。直接得点に結びつかなかったとはいえ、楽天に得点チャンス、勝てるムードが生まれたのは明白だ。

 今年の楽天打線が機能したのは4番・ジョーンズ、5番・マギーの一発や勝負強さがあればこそ。短期決戦でこの2人を最も警戒しなければならないことも理解できる。しかし、この2人の活躍が光ったのは、公式戦でリーグ4位の打率.317をマークした3番・銀次が出塁してチャンスメークをしたからだ。ジョーンズの公式戦の打率は.243、マギーは.292なのだから、マークすべきはむしろ銀次の方。なのに巨人は銀次への攻めをおろそかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る