山崎武司が直言「巨人が警戒すべきは今後もジョーンズ、マギーより銀次」

公開日:  更新日:

 予想どおり第2戦は息詰まる投手戦となった。楽天の先発・田中と巨人の菅野。共にリーグ屈指の好投手だけに、互いに大量点を奪えないことは予想できた。そのうえで打者の観点から勝敗のポイントを挙げるとすれば、巨人投手陣の助っ人2人(ジョーンズ、マギー)への過剰な警戒と、3番・銀次への警戒心の希薄さだったと思う。

<2人で5四球>

 巨人投手陣はこの日、楽天打線を勢いづかせないよう、ジョーンズ、マギーの2人への攻めに異常なほど気を使っていた。2人に対し菅野、沢村、マシソンの3人で計5つもの四球を与えた(ジョーンズ3四球、マギー2四球)。直接得点に結びつかなかったとはいえ、楽天に得点チャンス、勝てるムードが生まれたのは明白だ。

 今年の楽天打線が機能したのは4番・ジョーンズ、5番・マギーの一発や勝負強さがあればこそ。短期決戦でこの2人を最も警戒しなければならないことも理解できる。しかし、この2人の活躍が光ったのは、公式戦でリーグ4位の打率.317をマークした3番・銀次が出塁してチャンスメークをしたからだ。ジョーンズの公式戦の打率は.243、マギーは.292なのだから、マークすべきはむしろ銀次の方。なのに巨人は銀次への攻めをおろそかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る