セ・パの実力差も? “超強力”巨人打線が楽天投手に手も足も出ないワケ

公開日: 更新日:

 29日の第3戦、楽天の試合前の練習をベンチで見ていた巨人の橋上秀樹戦略コーチはこう言っていた。
「マー君対策? うーん……、来る球が分かっていても打てない。いい投手とはそういうもの。今の球界では、あとはマエケン(広島・前田健)くらい。第5戦(先発予定)の則本も厄介だけど、仙台に行くとどう転ぶか分からない。3戦目から楽天の先発はガクッと落ちる? そうだね。だから本音を言えば、東京ドーム(の3試合)で決めたいですね」

 楽天が誇る田中将大(24)と則本昂大(22)の2本柱にはお手上げ。逆に言えば、怖いのはその2人だけという本音が言葉にはにじんでいた。

 第3戦に先発した美馬学(27)は、今年5月の交流戦で初回に6点を奪
ってKOしている。橋上コーチは、「タイプとしては則本に似ているかもしれない。でも、美馬は交流戦で対戦しているし、則本の方が断然コントロールがいい。勝てる投手(則本は15勝)はコントロールがいいものだから」と美馬攻略に自信を見せていた。それが、フタを開けてみれば、得点は矢野の一発による1点のみ。美馬が打球を足に当てて降板した六回途中までゼロ行進、急きょ登板した2番手のレイにも抑え込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る