セ・パの実力差も? “超強力”巨人打線が楽天投手に手も足も出ないワケ

公開日:  更新日:

 29日の第3戦、楽天の試合前の練習をベンチで見ていた巨人の橋上秀樹戦略コーチはこう言っていた。
「マー君対策? うーん……、来る球が分かっていても打てない。いい投手とはそういうもの。今の球界では、あとはマエケン(広島・前田健)くらい。第5戦(先発予定)の則本も厄介だけど、仙台に行くとどう転ぶか分からない。3戦目から楽天の先発はガクッと落ちる? そうだね。だから本音を言えば、東京ドーム(の3試合)で決めたいですね」

 楽天が誇る田中将大(24)と則本昂大(22)の2本柱にはお手上げ。逆に言えば、怖いのはその2人だけという本音が言葉にはにじんでいた。

 第3戦に先発した美馬学(27)は、今年5月の交流戦で初回に6点を奪
ってKOしている。橋上コーチは、「タイプとしては則本に似ているかもしれない。でも、美馬は交流戦で対戦しているし、則本の方が断然コントロールがいい。勝てる投手(則本は15勝)はコントロールがいいものだから」と美馬攻略に自信を見せていた。それが、フタを開けてみれば、得点は矢野の一発による1点のみ。美馬が打球を足に当てて降板した六回途中までゼロ行進、急きょ登板した2番手のレイにも抑え込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る