セ・パの実力差も? “超強力”巨人打線が楽天投手に手も足も出ないワケ

公開日: 更新日:

 29日の第3戦、楽天の試合前の練習をベンチで見ていた巨人の橋上秀樹戦略コーチはこう言っていた。
「マー君対策? うーん……、来る球が分かっていても打てない。いい投手とはそういうもの。今の球界では、あとはマエケン(広島・前田健)くらい。第5戦(先発予定)の則本も厄介だけど、仙台に行くとどう転ぶか分からない。3戦目から楽天の先発はガクッと落ちる? そうだね。だから本音を言えば、東京ドーム(の3試合)で決めたいですね」

 楽天が誇る田中将大(24)と則本昂大(22)の2本柱にはお手上げ。逆に言えば、怖いのはその2人だけという本音が言葉にはにじんでいた。

 第3戦に先発した美馬学(27)は、今年5月の交流戦で初回に6点を奪
ってKOしている。橋上コーチは、「タイプとしては則本に似ているかもしれない。でも、美馬は交流戦で対戦しているし、則本の方が断然コントロールがいい。勝てる投手(則本は15勝)はコントロールがいいものだから」と美馬攻略に自信を見せていた。それが、フタを開けてみれば、得点は矢野の一発による1点のみ。美馬が打球を足に当てて降板した六回途中までゼロ行進、急きょ登板した2番手のレイにも抑え込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る