広島・菊池涼介が指摘「二塁手の目線で巨人主砲の阿部さんの不振は大きい」

公開日: 更新日:

 30日の日本シリーズ第4戦は巨人が「ねちっこさ」で上回ったと思います。ボクが感じたポイントは、巨人が3点ビハインドで迎えた四回裏、松本哲さんが四球を選んだ後の亀井さんの打席です。楽天2番手の宮川君にいきなり2ナッシングと追い込まれました。でも、ここから4球ファウルし、10球投げさせて四球。これで球場の雰囲気が一変し、流れも変わりました。この回、巨人は2点を返し、試合を分からない展開に持っていったのは、亀井さんの粘り腰だったと思います。

 もう一つは松本哲さんが2四球と1安打で3度出塁し、いずれも本塁へかえってきたこと。この2人が途中出場というのですから、巨人の層の厚さを感じました。

 ねちっこさでいえば、好調楽天打線の1~3番は粘って巨人投手陣に重圧をかけています。3点を先制した初回、四球で出塁した1番の岡島さんはカウント1―2と2―2で2度スタートを切りました。2番の藤田さんが死球で出塁した無死一、二塁、カウント3―2からも一、二塁走者がスタートを切ってランエンドヒットを仕掛けました。巨人先発ホールトンのクイックはそれほどうまくない。足がある楽天の選手たちが巨人バッテリーにプレッシャーをかけ続けた。3番の銀次さんまで、6、5、7球と球数を投げさせ、塁上でもしつこく重圧をかけたことが、4番ジョーンズの先制3ランにつながったと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  8. 8

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る