広島・菊池涼介が指摘「二塁手の目線で巨人主砲の阿部さんの不振は大きい」

公開日: 更新日:

 30日の日本シリーズ第4戦は巨人が「ねちっこさ」で上回ったと思います。ボクが感じたポイントは、巨人が3点ビハインドで迎えた四回裏、松本哲さんが四球を選んだ後の亀井さんの打席です。楽天2番手の宮川君にいきなり2ナッシングと追い込まれました。でも、ここから4球ファウルし、10球投げさせて四球。これで球場の雰囲気が一変し、流れも変わりました。この回、巨人は2点を返し、試合を分からない展開に持っていったのは、亀井さんの粘り腰だったと思います。

 もう一つは松本哲さんが2四球と1安打で3度出塁し、いずれも本塁へかえってきたこと。この2人が途中出場というのですから、巨人の層の厚さを感じました。

 ねちっこさでいえば、好調楽天打線の1~3番は粘って巨人投手陣に重圧をかけています。3点を先制した初回、四球で出塁した1番の岡島さんはカウント1―2と2―2で2度スタートを切りました。2番の藤田さんが死球で出塁した無死一、二塁、カウント3―2からも一、二塁走者がスタートを切ってランエンドヒットを仕掛けました。巨人先発ホールトンのクイックはそれほどうまくない。足がある楽天の選手たちが巨人バッテリーにプレッシャーをかけ続けた。3番の銀次さんまで、6、5、7球と球数を投げさせ、塁上でもしつこく重圧をかけたことが、4番ジョーンズの先制3ランにつながったと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  9. 9

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  10. 10

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

もっと見る