西武・涌井の「FA宣言」を迷わす広島・大竹の動向

公開日: 更新日:

 本当は今すぐにでも、「FA宣言します。サヨウナラ!」と言いたいに違いない。

 1日、西武の涌井(27)と片岡(30)が球団と残留交渉を行った。
「(残留するかどうかは)五分五分。こだわるのは先発と、どれだけ自分が必要とされているか」

 と話した涌井だが、本音はFA移籍。度重なる女性問題を起こした自分も悪いが、かばうどころか二軍落ちまで命じた球団にはとっくに愛想が尽きている。それでも、まだ結論を出すには早い。

 FA宣言するか迷っている広島の大竹(30)がいるからだ。今季国内FA権を取得した大竹は、1日に球団と残留交渉を行った。こちらも「残るか残らないか、両方考えている」と、答えを出していない。

 大竹は今季10勝10敗、防御率3.37。10、11年は右肩痛に苦しみ、復帰が絶望視されながらも昨季11勝を挙げ、復活。2年連続2ケタ勝利に加え、年俸1億円とあって、先発としてはお買い得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る