• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・涌井の「FA宣言」を迷わす広島・大竹の動向

 本当は今すぐにでも、「FA宣言します。サヨウナラ!」と言いたいに違いない。

 1日、西武の涌井(27)と片岡(30)が球団と残留交渉を行った。
「(残留するかどうかは)五分五分。こだわるのは先発と、どれだけ自分が必要とされているか」

 と話した涌井だが、本音はFA移籍。度重なる女性問題を起こした自分も悪いが、かばうどころか二軍落ちまで命じた球団にはとっくに愛想が尽きている。それでも、まだ結論を出すには早い。

 FA宣言するか迷っている広島の大竹(30)がいるからだ。今季国内FA権を取得した大竹は、1日に球団と残留交渉を行った。こちらも「残るか残らないか、両方考えている」と、答えを出していない。

 大竹は今季10勝10敗、防御率3.37。10、11年は右肩痛に苦しみ、復帰が絶望視されながらも昨季11勝を挙げ、復活。2年連続2ケタ勝利に加え、年俸1億円とあって、先発としてはお買い得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る