西武・涌井の「FA宣言」を迷わす広島・大竹の動向

公開日:  更新日:

 本当は今すぐにでも、「FA宣言します。サヨウナラ!」と言いたいに違いない。

 1日、西武の涌井(27)と片岡(30)が球団と残留交渉を行った。
「(残留するかどうかは)五分五分。こだわるのは先発と、どれだけ自分が必要とされているか」

 と話した涌井だが、本音はFA移籍。度重なる女性問題を起こした自分も悪いが、かばうどころか二軍落ちまで命じた球団にはとっくに愛想が尽きている。それでも、まだ結論を出すには早い。

 FA宣言するか迷っている広島の大竹(30)がいるからだ。今季国内FA権を取得した大竹は、1日に球団と残留交渉を行った。こちらも「残るか残らないか、両方考えている」と、答えを出していない。

 大竹は今季10勝10敗、防御率3.37。10、11年は右肩痛に苦しみ、復帰が絶望視されながらも昨季11勝を挙げ、復活。2年連続2ケタ勝利に加え、年俸1億円とあって、先発としてはお買い得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る