西武・涌井の「FA宣言」を迷わす広島・大竹の動向

公開日: 更新日:

 本当は今すぐにでも、「FA宣言します。サヨウナラ!」と言いたいに違いない。

 1日、西武の涌井(27)と片岡(30)が球団と残留交渉を行った。
「(残留するかどうかは)五分五分。こだわるのは先発と、どれだけ自分が必要とされているか」

 と話した涌井だが、本音はFA移籍。度重なる女性問題を起こした自分も悪いが、かばうどころか二軍落ちまで命じた球団にはとっくに愛想が尽きている。それでも、まだ結論を出すには早い。

 FA宣言するか迷っている広島の大竹(30)がいるからだ。今季国内FA権を取得した大竹は、1日に球団と残留交渉を行った。こちらも「残るか残らないか、両方考えている」と、答えを出していない。

 大竹は今季10勝10敗、防御率3.37。10、11年は右肩痛に苦しみ、復帰が絶望視されながらも昨季11勝を挙げ、復活。2年連続2ケタ勝利に加え、年俸1億円とあって、先発としてはお買い得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る