• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早くもストーブリーグ突入 ロッテの狙いは「涌井獲得」と「投手コーチ再編」

 CSファイナルステージに進みながらも楽天に敗れたロッテは、さっそく「ストーブリーグ」に突入する。

 最大の焦点は先発投手の補強だ。

 今季、シーズン序盤に首位を快走しながら、最終的にリーグ3位に終わった要因を、フロント陣は「チーム内に2ケタ勝利を挙げる先発投手がひとりもいなかったこと」とみている。今オフはドラフトを含め、ある程度の資金を投入してでも2ケタ勝利が計算できる投手を獲得したい意向をもっている。

 補強の筆頭候補は西武の涌井(27)だ。

 シーズン中に国内FA権を取得し、オフの行使が濃厚。ロッテは水面下ですでに涌井を調査しており、FA権行使と同時に手を挙げる可能性が高い。
 もうひとつのテコ入れが投手コーチ陣の再編だ。


 グライシンガー(右肩痛)や成瀬(左肩痛)など、今季のロッテ投手陣は故障に悩まされた。一部フロントからは「投手を管理する立場のコーチ陣のケアが足りなかったのでは」という声が上がっている。そこで斉藤投手コーチの進退を含めた投手部門コーチの大幅な配置転換なども考えられているという。

 CSファーストステージでは、西武を2勝1敗で撃破。ファイナルステージでも楽天を追い詰めたとはいえ、球団内部では「CS本拠地開催を逃したことを含め、反省すべき点は山ほどある」という厳しい声が上がっている。激動のオフになる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る