早くもストーブリーグ突入 ロッテの狙いは「涌井獲得」と「投手コーチ再編」

公開日: 更新日:

 CSファイナルステージに進みながらも楽天に敗れたロッテは、さっそく「ストーブリーグ」に突入する。

 最大の焦点は先発投手の補強だ。

 今季、シーズン序盤に首位を快走しながら、最終的にリーグ3位に終わった要因を、フロント陣は「チーム内に2ケタ勝利を挙げる先発投手がひとりもいなかったこと」とみている。今オフはドラフトを含め、ある程度の資金を投入してでも2ケタ勝利が計算できる投手を獲得したい意向をもっている。

 補強の筆頭候補は西武の涌井(27)だ。

 シーズン中に国内FA権を取得し、オフの行使が濃厚。ロッテは水面下ですでに涌井を調査しており、FA権行使と同時に手を挙げる可能性が高い。
 もうひとつのテコ入れが投手コーチ陣の再編だ。


 グライシンガー(右肩痛)や成瀬(左肩痛)など、今季のロッテ投手陣は故障に悩まされた。一部フロントからは「投手を管理する立場のコーチ陣のケアが足りなかったのでは」という声が上がっている。そこで斉藤投手コーチの進退を含めた投手部門コーチの大幅な配置転換なども考えられているという。

 CSファーストステージでは、西武を2勝1敗で撃破。ファイナルステージでも楽天を追い詰めたとはいえ、球団内部では「CS本拠地開催を逃したことを含め、反省すべき点は山ほどある」という厳しい声が上がっている。激動のオフになる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る