マギー複数年に涌井獲りも!? 楽天がマー君で早くも皮算用

公開日:  更新日:

 楽天が早くも田中将大(24)の入札金の有効活用を視野に入れているという。
 なにしろ米メディアによる入札金の予想金額は約60億円。契約の切れるマギー(31)との複数年契約に加え、オフには大補強を敢行する腹積もりとか。ターゲットは西武からFA宣言するであろう涌井(27)と今季ロッキーズ傘下3Aに在籍した高橋尚成(38)だ。

「星野監督は当初、大物助っ人でマー君の穴埋めをしようとしていましたが、ソフトバンクがペニーやパディーヤで失敗したように、外国人投手は大物といえどもアテにならない。そこで先発、抑えができて実績も抜群の涌井に白羽の矢を立てている。在京球団希望といわれていますが、星野監督はカネを積んで誠意を見せれば、楽天にもチャンスがあると踏んでいます。高橋はリリーフ、できれば抑えか、セットアッパーとして使いたいようだ」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る