伊原新監督に選手タジタジ…西武・涌井&片岡の“FA脱出計画”加速か

公開日: 更新日:

<ヒゲも茶髪も禁止>

 西武の伊原春樹新監督(64)が、秋季練習初日の23日に訓示を垂れた。「親父が子供に、『こうだろ』と諭すようにね」という伊原監督の話は、主に社会人としての常識について。

「ファンは額に汗して働き、高いチケットを買って見に来てくれる。それは選手のプレーを見たいからであって、決してだらしないユニホームやヒゲ、長髪が見たいんじゃない! 野球以外で、スパイクが見えないくらいダブダブにズボンをはくスポーツはあるか?雨のゲームで長い裾がドロドロになったとき、それを洗う奥さんも嫌な顔をするぞ。洗濯屋さんにだって失礼だ。そういうことも、人間として勉強しなきゃいけない」
 続けて、

「みんなは、西武からお金をもらっている西武の人間。じゃあ、西武鉄道の初乗り料金は知ってるか? ……誰も知らないのか。それも社会人としておかしいだろ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る