伊原新監督に選手タジタジ…西武・涌井&片岡の“FA脱出計画”加速か

公開日:  更新日:

<ヒゲも茶髪も禁止>

 西武の伊原春樹新監督(64)が、秋季練習初日の23日に訓示を垂れた。「親父が子供に、『こうだろ』と諭すようにね」という伊原監督の話は、主に社会人としての常識について。

「ファンは額に汗して働き、高いチケットを買って見に来てくれる。それは選手のプレーを見たいからであって、決してだらしないユニホームやヒゲ、長髪が見たいんじゃない! 野球以外で、スパイクが見えないくらいダブダブにズボンをはくスポーツはあるか?雨のゲームで長い裾がドロドロになったとき、それを洗う奥さんも嫌な顔をするぞ。洗濯屋さんにだって失礼だ。そういうことも、人間として勉強しなきゃいけない」
 続けて、

「みんなは、西武からお金をもらっている西武の人間。じゃあ、西武鉄道の初乗り料金は知ってるか? ……誰も知らないのか。それも社会人としておかしいだろ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る