米ツアーで2位 石川遼を躍進させた「シード落ち」の挫折と吹っ切れ

公開日: 更新日:

 これまで最終日に崩れることが多かった石川遼(22)だが、7打差5位スタートとなったこの日はショットが冴えた。いきなり1番でバーディーを奪い、幸先の良いスタートを切ると、前半を4バーディー(1ボギー)で折り返し、勢いに乗る。

 後半に入り、10番、13番でバーディーを決めて2位タイに。さらに16、17番で連続バーディーを奪い、スコアを19アンダーまで伸ばし、一時は首位を走るW・シンプソン(28=米)に迫ったが、最終18番、第2打でグリーンを外しボギー。

 それでも8バーディー、2ボギーの65で回り、通算18アンダー。4日間連続で60台のスコアを出し、米ツアー自己最高タイの2位でフィニッシュした。

 それにしても、ここにきての大躍進の理由は何か。

 プロゴルフの世界では「自分のゴルフやスイングに自信がない選手ほど打ち方をよく変える」といわれるが、米ツアーに本格参戦してからの石川はそれだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る