米ツアーで2位 石川遼を躍進させた「シード落ち」の挫折と吹っ切れ

公開日:  更新日:

 これまで最終日に崩れることが多かった石川遼(22)だが、7打差5位スタートとなったこの日はショットが冴えた。いきなり1番でバーディーを奪い、幸先の良いスタートを切ると、前半を4バーディー(1ボギー)で折り返し、勢いに乗る。

 後半に入り、10番、13番でバーディーを決めて2位タイに。さらに16、17番で連続バーディーを奪い、スコアを19アンダーまで伸ばし、一時は首位を走るW・シンプソン(28=米)に迫ったが、最終18番、第2打でグリーンを外しボギー。

 それでも8バーディー、2ボギーの65で回り、通算18アンダー。4日間連続で60台のスコアを出し、米ツアー自己最高タイの2位でフィニッシュした。

 それにしても、ここにきての大躍進の理由は何か。

 プロゴルフの世界では「自分のゴルフやスイングに自信がない選手ほど打ち方をよく変える」といわれるが、米ツアーに本格参戦してからの石川はそれだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る