米ツアーで2位 石川遼を躍進させた「シード落ち」の挫折と吹っ切れ

公開日: 更新日:

 これまで最終日に崩れることが多かった石川遼(22)だが、7打差5位スタートとなったこの日はショットが冴えた。いきなり1番でバーディーを奪い、幸先の良いスタートを切ると、前半を4バーディー(1ボギー)で折り返し、勢いに乗る。

 後半に入り、10番、13番でバーディーを決めて2位タイに。さらに16、17番で連続バーディーを奪い、スコアを19アンダーまで伸ばし、一時は首位を走るW・シンプソン(28=米)に迫ったが、最終18番、第2打でグリーンを外しボギー。

 それでも8バーディー、2ボギーの65で回り、通算18アンダー。4日間連続で60台のスコアを出し、米ツアー自己最高タイの2位でフィニッシュした。

 それにしても、ここにきての大躍進の理由は何か。

 プロゴルフの世界では「自分のゴルフやスイングに自信がない選手ほど打ち方をよく変える」といわれるが、米ツアーに本格参戦してからの石川はそれだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る