ヤンキースのマー君獲得本腰で浮上する「イチロー放出プラン」

公開日: 更新日:

<FAで大物外野手に触手>

 ピンストライプのユニホームに身を包んだ安打製造機は、今季が見納めになるかもしれない。

 5年ぶりにポストシーズン進出を逃したヤンキースがこのオフ、イチロー(40)をトレードで放出する構想を持っていることがわかった。

 最大の理由は外野手のダブつきだ。ヤンキースの外野はガードナー(30)、グランダーソン(32)、ウェルズ(34)、ソリアーノ(37)、イチローの計5人。

 このうちグランダーソンはFAだが、昨年まで2年連続40本塁打の長打力を評価して再契約する方針。外野が飽和状態の現状に加え、このオフはさらなる大物選手の獲得を狙っている。

「カルロス・ベルトランですよ。今季2割9分6厘、24本塁打、84打点でカージナルスのリーグ優勝に貢献、走攻守そろった強打のスイッチヒッターです」と、西海岸のさる代理人関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  4. 4

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  8. 8

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  9. 9

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  10. 10

    満員電車上等!テレワークより出社を希望する社員のホンネ

もっと見る