ヤンキースのマー君獲得本腰で浮上する「イチロー放出プラン」

公開日: 更新日:

<FAで大物外野手に触手>

 ピンストライプのユニホームに身を包んだ安打製造機は、今季が見納めになるかもしれない。

 5年ぶりにポストシーズン進出を逃したヤンキースがこのオフ、イチロー(40)をトレードで放出する構想を持っていることがわかった。

 最大の理由は外野手のダブつきだ。ヤンキースの外野はガードナー(30)、グランダーソン(32)、ウェルズ(34)、ソリアーノ(37)、イチローの計5人。

 このうちグランダーソンはFAだが、昨年まで2年連続40本塁打の長打力を評価して再契約する方針。外野が飽和状態の現状に加え、このオフはさらなる大物選手の獲得を狙っている。

「カルロス・ベルトランですよ。今季2割9分6厘、24本塁打、84打点でカージナルスのリーグ優勝に貢献、走攻守そろった強打のスイッチヒッターです」と、西海岸のさる代理人関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

もっと見る