金満球団方向転換? 田中将大に“逆風”吹けば黒田が儲かる

公開日:  更新日:

 楽天・田中将大(25)のメジャー移籍が宙に浮く中、同じ日本人右腕の動向に注目が集まっている。

 田中の入札を検討していた球団が、ヤンキースからFAになったベテランの黒田博樹(38)に方向転換する可能性があるからだ。

 今オフのFA市場に出ている主な先発投手はガーザ(前レンジャーズ)、E・サンタナ(前ロイヤルズ)ら黒田も含めて5人。今季は終盤に息切れし、32試合に登板し11勝13敗と負け越したとはいえ、防御率は3.31。クオリティースタート(QS)は19試合と安定した投球だった。FAの先発投手の中ではヒメネス(前インディアンス)の13勝に次ぐ勝ち星を挙げており、ベテラン右腕は目玉のひとりだ。

 今季の黒田はロサンゼルスに家族を残してニューヨークに単身赴任。来季は西海岸でのプレーも選択肢に入れているという。

 田中のポスティングに参加するとみられていた西海岸の金満球団は古巣ドジャースにエンゼルス。資金力が豊富な両球団が田中から黒田に乗り換えれば、相場も上がる。

 ベテラン右腕は田中資金で潤うか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る