• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金満球団方向転換? 田中将大に“逆風”吹けば黒田が儲かる

 楽天・田中将大(25)のメジャー移籍が宙に浮く中、同じ日本人右腕の動向に注目が集まっている。

 田中の入札を検討していた球団が、ヤンキースからFAになったベテランの黒田博樹(38)に方向転換する可能性があるからだ。

 今オフのFA市場に出ている主な先発投手はガーザ(前レンジャーズ)、E・サンタナ(前ロイヤルズ)ら黒田も含めて5人。今季は終盤に息切れし、32試合に登板し11勝13敗と負け越したとはいえ、防御率は3.31。クオリティースタート(QS)は19試合と安定した投球だった。FAの先発投手の中ではヒメネス(前インディアンス)の13勝に次ぐ勝ち星を挙げており、ベテラン右腕は目玉のひとりだ。

 今季の黒田はロサンゼルスに家族を残してニューヨークに単身赴任。来季は西海岸でのプレーも選択肢に入れているという。

 田中のポスティングに参加するとみられていた西海岸の金満球団は古巣ドジャースにエンゼルス。資金力が豊富な両球団が田中から黒田に乗り換えれば、相場も上がる。

 ベテラン右腕は田中資金で潤うか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る