金満球団方向転換? 田中将大に“逆風”吹けば黒田が儲かる

公開日: 更新日:

 楽天田中将大(25)のメジャー移籍が宙に浮く中、同じ日本人右腕の動向に注目が集まっている。

 田中の入札を検討していた球団が、ヤンキースからFAになったベテランの黒田博樹(38)に方向転換する可能性があるからだ。

 今オフのFA市場に出ている主な先発投手はガーザ(前レンジャーズ)、E・サンタナ(前ロイヤルズ)ら黒田も含めて5人。今季は終盤に息切れし、32試合に登板し11勝13敗と負け越したとはいえ、防御率は3.31。クオリティースタート(QS)は19試合と安定した投球だった。FAの先発投手の中ではヒメネス(前インディアンス)の13勝に次ぐ勝ち星を挙げており、ベテラン右腕は目玉のひとりだ。

 今季の黒田はロサンゼルスに家族を残してニューヨークに単身赴任。来季は西海岸でのプレーも選択肢に入れているという。

 田中のポスティングに参加するとみられていた西海岸の金満球団は古巣ドジャースにエンゼルス。資金力が豊富な両球団が田中から黒田に乗り換えれば、相場も上がる。

 ベテラン右腕は田中資金で潤うか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る