金満球団方向転換? 田中将大に“逆風”吹けば黒田が儲かる

公開日: 更新日:

 楽天田中将大(25)のメジャー移籍が宙に浮く中、同じ日本人右腕の動向に注目が集まっている。

 田中の入札を検討していた球団が、ヤンキースからFAになったベテランの黒田博樹(38)に方向転換する可能性があるからだ。

 今オフのFA市場に出ている主な先発投手はガーザ(前レンジャーズ)、E・サンタナ(前ロイヤルズ)ら黒田も含めて5人。今季は終盤に息切れし、32試合に登板し11勝13敗と負け越したとはいえ、防御率は3.31。クオリティースタート(QS)は19試合と安定した投球だった。FAの先発投手の中ではヒメネス(前インディアンス)の13勝に次ぐ勝ち星を挙げており、ベテラン右腕は目玉のひとりだ。

 今季の黒田はロサンゼルスに家族を残してニューヨークに単身赴任。来季は西海岸でのプレーも選択肢に入れているという。

 田中のポスティングに参加するとみられていた西海岸の金満球団は古巣ドジャースにエンゼルス。資金力が豊富な両球団が田中から黒田に乗り換えれば、相場も上がる。

 ベテラン右腕は田中資金で潤うか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る