ヤンキースとドジャースのマー君争奪戦に割り入る大穴古豪

公開日: 更新日:

<10球団以上が狙っているが>

 合意寸前だった新入札制度をMLB(大リーグ機構)に白紙に戻されたものの、楽天の田中将大(25)には今もメジャー10球団以上が熱視線を送っている。入札制度の修正を決めたオーナー会議でも、入札金の高騰抑制を望むパイレーツなどに対し、ヤンキースのレビン球団社長が「キューバ選手と契約する際には、そんな論争は起こらなかったじゃないか」と声を荒らげる場面があったという。是が非でも田中が欲しいそのヤンキースは、カネがかかる旧制度のままでもいいという構え。西の金満球団ドジャースも田中争奪戦に参戦することを決めており、日本の球界関係者の間では「どのような制度になるかは不透明だが、新ポスティングシステムが決まれば、ヤンキースとドジャースの一騎打ちになる」ともっぱらだ。

 一方、米フロリダ州オーランドで行われていたGM会議に出席する関係者の中には、「予想通りに決まるとは限らない。ヤンキース、ドジャース以上に熱心な球団もあるからね」という声もあった。その“大穴候補”がナ・リーグ中地区の古豪カブスというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る