ヤンキースとドジャースのマー君争奪戦に割り入る大穴古豪

公開日:  更新日:

<10球団以上が狙っているが>

 合意寸前だった新入札制度をMLB(大リーグ機構)に白紙に戻されたものの、楽天の田中将大(25)には今もメジャー10球団以上が熱視線を送っている。入札制度の修正を決めたオーナー会議でも、入札金の高騰抑制を望むパイレーツなどに対し、ヤンキースのレビン球団社長が「キューバ選手と契約する際には、そんな論争は起こらなかったじゃないか」と声を荒らげる場面があったという。是が非でも田中が欲しいそのヤンキースは、カネがかかる旧制度のままでもいいという構え。西の金満球団ドジャースも田中争奪戦に参戦することを決めており、日本の球界関係者の間では「どのような制度になるかは不透明だが、新ポスティングシステムが決まれば、ヤンキースとドジャースの一騎打ちになる」ともっぱらだ。

 一方、米フロリダ州オーランドで行われていたGM会議に出席する関係者の中には、「予想通りに決まるとは限らない。ヤンキース、ドジャース以上に熱心な球団もあるからね」という声もあった。その“大穴候補”がナ・リーグ中地区の古豪カブスというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る