ヤンキースとドジャースのマー君争奪戦に割り入る大穴古豪

公開日:  更新日:

<10球団以上が狙っているが>

 合意寸前だった新入札制度をMLB(大リーグ機構)に白紙に戻されたものの、楽天の田中将大(25)には今もメジャー10球団以上が熱視線を送っている。入札制度の修正を決めたオーナー会議でも、入札金の高騰抑制を望むパイレーツなどに対し、ヤンキースのレビン球団社長が「キューバ選手と契約する際には、そんな論争は起こらなかったじゃないか」と声を荒らげる場面があったという。是が非でも田中が欲しいそのヤンキースは、カネがかかる旧制度のままでもいいという構え。西の金満球団ドジャースも田中争奪戦に参戦することを決めており、日本の球界関係者の間では「どのような制度になるかは不透明だが、新ポスティングシステムが決まれば、ヤンキースとドジャースの一騎打ちになる」ともっぱらだ。

 一方、米フロリダ州オーランドで行われていたGM会議に出席する関係者の中には、「予想通りに決まるとは限らない。ヤンキース、ドジャース以上に熱心な球団もあるからね」という声もあった。その“大穴候補”がナ・リーグ中地区の古豪カブスというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る