• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・中村「4年で20億円」はチームにも本人にも大バクチ

「西武には愛着がある。誰もが認めるような最強の打者になりたい」

 笑顔で語ったのは西武の中村剛也(30)だ。3年契約の2年目だった「おかわりクン」が9日、契約更改で新たに4年契約を結んだ。

 来季は5000万円増の3億5000万円プラス出来高。年俸は変動制ながら、出来高を含めると4年間で最大20億円に達する。日本人選手としては球団史上最長のビッグな契約だけに、笑みがこぼれるのは当然か。

 中村は昨秋、左膝前十字靭帯(じんたい)および半月板を手術。一軍復帰を目指していた今夏は左肩も痛めて復帰が大幅にずれ込み、今季は26試合で打率.208、4本塁打、15打点に終わった。過去に4度の本塁打王を獲得した和製大砲とはいえ、古傷の影響も心配されるだけに、破格の待遇といえる。

 鈴木球団本部長は「本人が『ライオンズ一筋でやりたい』と言っている」と、長期契約に至った理由を語った。これは他球団への流出を阻止するという意図もあるはずだ。中村はすでに国内FA権(8年)を取得済み。西武は今オフ、片岡、涌井が揃ってFA宣言している。主力級の流出に歯止めがかからないだけに、中村だけには何とか残って欲しいという球団の熱意は感じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る