本部SDに就任 西武・渡辺前監督の6年間の「功罪」

公開日: 更新日:

<チーム以上に選手>

「実は僕がポスティングをする際、一番最初に相談したのが渡辺監督だったんです」

 こう話すのは西武OBで評論家の三井浩二氏だ。

 6年間務めた西武監督を辞任し、球団本部SD(シニアディレクター)に就任した渡辺久信前監督(48)。08年に二軍監督から昇格すると、さまざまな面でチームは変わった。三井氏が言う。

「監督は<わかった。チームにとってはマイナスだけど、俺も球団の方におまえの気持ちを伝えておく>と言ってくれました。監督がチームを第一に考えるのは当然ですが、それ以上に選手のことを考え、気を使ってくれました。渡辺監督のおかげでチームの風通しが良くなったことは間違いない」

 前任の伊東監督(現ロッテ監督)は当時、独善的な面があり選手起用も好き嫌いに左右されることがあった。反対に渡辺監督は若手を中心に起用。今季、打点王に輝いた5年目の浅村をはじめ、イキのいい選手が多く活躍していることはそうした起用のたまものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る