日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夫人を監禁・暴行…DVで逮捕されたバレンティンの“素行”

 ヤクルトのバレンティンがグラウンド外でも大暴れだ。

 米捜査当局は13日、妻に対する監禁・暴行の疑いでヤクルトのウラディミール・バレンティン(29)を逮捕した。

 AP通信によるとバレンティンは12日、マイアミ近郊の家に妻のカーラさん(30)を訪問した際、入室を拒否され、窓枠を外して居間に侵入。逃げるカーラさんの腕をつかみ、寝室に鍵をかけて監禁した。付近の住民が警察に通報し、駆けつけたマイアミ・デード署員に逮捕された。

 夫婦は6年前に結婚。11年にはカーラ夫人が女児ミアちゃんを出産。バレンティンはミルクをあげたり、オシメを替えたりする子煩悩ぶりはよく知られていたが、最近は離婚に向けて話し合い中で別居していた。

■公式戦出場に影響か

 バレンティンはカリブ海のオランダ領アンティル出身。大リーグを経て11年にヤクルト入団。今年から総額8億4000万円プラス出来高で4年の複数年契約をしている。昨年はWBCにオランダ代表として出場している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事