巨人・井端 急ピッチ調整の裏に「6000万円」の恨み

公開日: 更新日:

「井端の年俸は6000万円、余分に下げられたみたいだな」
 中日のOBがこんなことを言っている。

 このオフ、中日を退団して巨人入りした井端。落合GMに、年俸1億9000万円から80%以上のダウンとなる3000万円を提示され、決裂したことが退団の原因になったといわれている。

「その前後で、一部のスポーツ紙が<井端の昨季の年俸が2億5000万円だった>と報じた。公になっていた金額との差は往々にしてあるが、どうやらこの差額の6000万円は出来高分だったようだ。落合GMは右ひじ、右ひざに古傷を抱えていることに加え、この出来高分にもメスを入れた。その結果、話が揉めたといわれている」

 要するに、井端はすでに手に入れていた出来高の6000万円分を丸々カットされたことで、「88%減の3000万円」という空前絶後の下げ幅になったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

  10. 10

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

もっと見る