巨人・井端 急ピッチ調整の裏に「6000万円」の恨み

公開日:  更新日:

「井端の年俸は6000万円、余分に下げられたみたいだな」
 中日のOBがこんなことを言っている。

 このオフ、中日を退団して巨人入りした井端。落合GMに、年俸1億9000万円から80%以上のダウンとなる3000万円を提示され、決裂したことが退団の原因になったといわれている。

「その前後で、一部のスポーツ紙が<井端の昨季の年俸が2億5000万円だった>と報じた。公になっていた金額との差は往々にしてあるが、どうやらこの差額の6000万円は出来高分だったようだ。落合GMは右ひじ、右ひざに古傷を抱えていることに加え、この出来高分にもメスを入れた。その結果、話が揉めたといわれている」

 要するに、井端はすでに手に入れていた出来高の6000万円分を丸々カットされたことで、「88%減の3000万円」という空前絶後の下げ幅になったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る