巨人「井端獲り」決意の裏にある「坂本」と「松井」の存在

公開日:  更新日:

 巨人が中日を自由契約となっていた井端弘和(38)の獲得に踏み切ったのは、いくつかの理由がある。

「二塁」が補強ポイントだったとはいえ、井端は10月上旬に右足関節の骨棘(こっきょく)除去と関節内遊離体除去手術、右ヒジ関節形成術および尺骨神経移行術の手術を受けている。上も下も手術明けの38歳が、全盛期の働きができるかは未知数。寺内や中井らと正二塁手を争うというより、他の意味合いが強い。

 まずは球団の顔ともいえる正遊撃手・坂本勇人(24)の「守備コーチ」の役割だ。坂本の守備力向上はここ数年、原監督が頭を悩ませてきた事案だった。12年1月、ヤクルトを今季限りで引退した宮本に弟子入りさせたのもそのため。宮本は同一リーグのライバル。異例のことだったが、坂本の守備のため、原監督がひと肌脱いで実現したのだった。

 派手なファインプレーが多い一方、イージーミスもしばしば犯す。宮本の堅実な守備を学んで欲しかったからだ。坂本の今季の失策数は11。一時期より減少傾向も、悲願のゴールデングラブ賞は阪神の鳥谷に譲っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る