巨人「井端獲り」決意の裏にある「坂本」と「松井」の存在

公開日: 更新日:

 巨人中日を自由契約となっていた井端弘和(38)の獲得に踏み切ったのは、いくつかの理由がある。

「二塁」が補強ポイントだったとはいえ、井端は10月上旬に右足関節の骨棘(こっきょく)除去と関節内遊離体除去手術、右ヒジ関節形成術および尺骨神経移行術の手術を受けている。上も下も手術明けの38歳が、全盛期の働きができるかは未知数。寺内や中井らと正二塁手を争うというより、他の意味合いが強い。

 まずは球団の顔ともいえる正遊撃手・坂本勇人(24)の「守備コーチ」の役割だ。坂本の守備力向上はここ数年、原監督が頭を悩ませてきた事案だった。12年1月、ヤクルトを今季限りで引退した宮本に弟子入りさせたのもそのため。宮本は同一リーグのライバル。異例のことだったが、坂本の守備のため、原監督がひと肌脱いで実現したのだった。

 派手なファインプレーが多い一方、イージーミスもしばしば犯す。宮本の堅実な守備を学んで欲しかったからだ。坂本の今季の失策数は11。一時期より減少傾向も、悲願のゴールデングラブ賞は阪神の鳥谷に譲っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

もっと見る