• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人「井端獲り」決意の裏にある「坂本」と「松井」の存在

 巨人が中日を自由契約となっていた井端弘和(38)の獲得に踏み切ったのは、いくつかの理由がある。

「二塁」が補強ポイントだったとはいえ、井端は10月上旬に右足関節の骨棘(こっきょく)除去と関節内遊離体除去手術、右ヒジ関節形成術および尺骨神経移行術の手術を受けている。上も下も手術明けの38歳が、全盛期の働きができるかは未知数。寺内や中井らと正二塁手を争うというより、他の意味合いが強い。

 まずは球団の顔ともいえる正遊撃手・坂本勇人(24)の「守備コーチ」の役割だ。坂本の守備力向上はここ数年、原監督が頭を悩ませてきた事案だった。12年1月、ヤクルトを今季限りで引退した宮本に弟子入りさせたのもそのため。宮本は同一リーグのライバル。異例のことだったが、坂本の守備のため、原監督がひと肌脱いで実現したのだった。

 派手なファインプレーが多い一方、イージーミスもしばしば犯す。宮本の堅実な守備を学んで欲しかったからだ。坂本の今季の失策数は11。一時期より減少傾向も、悲願のゴールデングラブ賞は阪神の鳥谷に譲っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る