• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「虎視眈々と狙う」巨人・井端のヤル気に原監督は心中複雑?

 さっそく道に迷った――。中日から巨人に移籍した井端弘和(38)が10日、川崎市のジャイアンツ球場デビューを果たした。自主トレを公開する予定が、迷子になってしまったことを明かした。やっと到着すると、球団職員などに挨拶回り。「緊張した」と新天地での再起を振り返ったものの、「開幕から出られると思っていない。シーズンが終わった時にレギュラーになっていれば。虎視眈々と狙いたい」とこちらは力強く、正遊撃手の坂本に宣戦布告した。

 昨年10月に右足首と右ヒジの手術を受けたが、この日はダッシュやキャッチボールなどを行うなど、順調な回復ぶりをアピール。「例年よりもだいぶ早い。投げる方もストレスを感じることなく投げられている」と明るい表情だった。

 坂本の遊撃はこれまで巨人の“聖域”だった。それが、昨季は打率.265、12本塁打、54打点と低迷。原監督は坂本について「復活しなければレギュラーを取れない環境にしたい」と系列紙のインタビューで厳しく突き放している。これまで阿部、村田、長野、坂本の4人を「枢軸」とし、レギュラーは確約されていた。それなのに、坂本だけが「白紙」だというのだから、よほどのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る