「虎視眈々と狙う」巨人・井端のヤル気に原監督は心中複雑?

公開日: 更新日:

 さっそく道に迷った――。中日から巨人に移籍した井端弘和(38)が10日、川崎市のジャイアンツ球場デビューを果たした。自主トレを公開する予定が、迷子になってしまったことを明かした。やっと到着すると、球団職員などに挨拶回り。「緊張した」と新天地での再起を振り返ったものの、「開幕から出られると思っていない。シーズンが終わった時にレギュラーになっていれば。虎視眈々と狙いたい」とこちらは力強く、正遊撃手の坂本に宣戦布告した。

 昨年10月に右足首と右ヒジの手術を受けたが、この日はダッシュやキャッチボールなどを行うなど、順調な回復ぶりをアピール。「例年よりもだいぶ早い。投げる方もストレスを感じることなく投げられている」と明るい表情だった。

 坂本の遊撃はこれまで巨人の“聖域”だった。それが、昨季は打率.265、12本塁打、54打点と低迷。原監督は坂本について「復活しなければレギュラーを取れない環境にしたい」と系列紙のインタビューで厳しく突き放している。これまで阿部、村田、長野、坂本の4人を「枢軸」とし、レギュラーは確約されていた。それなのに、坂本だけが「白紙」だというのだから、よほどのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る