「虎視眈々と狙う」巨人・井端のヤル気に原監督は心中複雑?

公開日: 更新日:

 さっそく道に迷った――。中日から巨人に移籍した井端弘和(38)が10日、川崎市のジャイアンツ球場デビューを果たした。自主トレを公開する予定が、迷子になってしまったことを明かした。やっと到着すると、球団職員などに挨拶回り。「緊張した」と新天地での再起を振り返ったものの、「開幕から出られると思っていない。シーズンが終わった時にレギュラーになっていれば。虎視眈々と狙いたい」とこちらは力強く、正遊撃手の坂本に宣戦布告した。

 昨年10月に右足首と右ヒジの手術を受けたが、この日はダッシュやキャッチボールなどを行うなど、順調な回復ぶりをアピール。「例年よりもだいぶ早い。投げる方もストレスを感じることなく投げられている」と明るい表情だった。

 坂本の遊撃はこれまで巨人の“聖域”だった。それが、昨季は打率.265、12本塁打、54打点と低迷。原監督は坂本について「復活しなければレギュラーを取れない環境にしたい」と系列紙のインタビューで厳しく突き放している。これまで阿部、村田、長野、坂本の4人を「枢軸」とし、レギュラーは確約されていた。それなのに、坂本だけが「白紙」だというのだから、よほどのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る