坊主憎けりゃ袈裟まで…井端を切った落合GMの“本当の敵”

公開日: 更新日:

 どうにも解せないんです、と今も首をひねっている関係者がいる。

 就任した落合GMによって、今季の1億9000万円の年俸を実に2300万円にまで減らされて、中日を退団した井端(38)。事実上のクビ切りにあったベテランはしかし、落合政権時代は「疑似親子」といわれるほど、指揮官と蜜月関係を築いていた。それだけに「いくら右ヒジ、右足首の手術明けといっても、なぜ落合GMが息子同然にかわいがっていた井端にここまでの仕打ちをしたのか」というわけだ。

「落合監督の発案で遊撃から二塁にコンバートされた10年から両者の関係に溝ができ、それが決定的になったのは落合が退任した11年オフから。落合監督がユニホームを脱いだ途端、井端はOBの立浪に急接近した。落合と立浪は現役時代から確執があり、落合はことあるごとに立浪の監督就任を邪魔してきたといわれる。落合が監督を辞め、もう復帰はない、いずれ立浪監督だ、と井端が踏んだのか、ここ2年はシーズン中の移動日でも立浪とゴルフをやったり、関係を深めている。それが落合の耳に入った。井端は立浪についたのか、というわけです」(OB)

 落合GMからすれば、坊主憎けりゃ袈裟まで、というわけなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る