ソフトバンク李大浩 “柵越え1本”でも王会長の意外な反応

公開日: 更新日:

「柔らかいねえ」
 ソフトバンクの王球団会長が目を細める。視線の先には、オリックスから移籍した新4番候補の李大浩(31)。打撃練習で鋭い当たりを連発する韓国人助っ人を満足そうに見詰めていた。

 とはいえ、3日も柵越えは1本。スタンドの観客を沸かすような、豪快なスイングはキャンプ初日から一切見られない。打球はほとんど中堅から右方向。ミート中心の打撃はいささか物足りなくも映るが、王会長はこれに「相手にとってイヤな打撃をしている」とご満悦だ。

 2年総額9億円プラス出来高という大型契約で入団しているだけに、普通なら新天地でのキャンプで周りの視線が気になるもの。いいところを見せようと、自然と調整のペースが上がるところだが、李大浩にはそれがない。「第1クールは逆方向(の打撃)」との宣言どおり、淡々と自分のペースで調整している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る