ソフトバンク李大浩 “柵越え1本”でも王会長の意外な反応

公開日:  更新日:

「柔らかいねえ」
 ソフトバンクの王球団会長が目を細める。視線の先には、オリックスから移籍した新4番候補の李大浩(31)。打撃練習で鋭い当たりを連発する韓国人助っ人を満足そうに見詰めていた。

 とはいえ、3日も柵越えは1本。スタンドの観客を沸かすような、豪快なスイングはキャンプ初日から一切見られない。打球はほとんど中堅から右方向。ミート中心の打撃はいささか物足りなくも映るが、王会長はこれに「相手にとってイヤな打撃をしている」とご満悦だ。

 2年総額9億円プラス出来高という大型契約で入団しているだけに、普通なら新天地でのキャンプで周りの視線が気になるもの。いいところを見せようと、自然と調整のペースが上がるところだが、李大浩にはそれがない。「第1クールは逆方向(の打撃)」との宣言どおり、淡々と自分のペースで調整している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る