ソフトB中田賢のハイペース調整に古巣・中日が放った皮肉

公開日:  更新日:

 気合がみなぎっているのだろう。14日、中日からソフトバンクへFA移籍した中田賢一(31)がグアムで行っている自主トレを公開。いきなりブルペンに入って22球を投げた後、今季の目標に「200イニング投球」を掲げてみせた。

 生まれ育った地元福岡のソフトバンクから三顧の礼をもって迎えられ、エースの摂津と並ぶ先発の柱として期待される。14勝を挙げた07年を最後に2ケタ勝利から遠ざかり、昨年は4勝6敗。9年在籍した中日を離れる決意をしたのは、不振が続く自らの尻を叩くためでもあった。

 それだけに、グアムではランニング、遠投と精力的にメニューをこなして、「投げる試合は全部勝つつもり」と意気込んでいる。昨季のソフトバンク投手陣の完投数はわずかに6試合。規定投球回数に達したのも摂津だけとあって、例年にないハイペースで調整をしているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る