今季4勝の中田にソフトバンク「4年10億円」のカラクリ

公開日: 更新日:

 浮かれてばかりもいられない。
 29日、ソフトバンク入りが決定した中日の中田賢一(31)が愛知県内で選手会の行事に参加。

「長い間、悩んだのですっきりしました。生活面を含めて、集中して取り組めると(ソフトバンクが)一番に感じた」
 と笑顔で話した。

 今季は4勝6敗。シーズン途中には先発から中継ぎに降格させられた。2ケタ勝利は07年の14勝(8敗)しかなく、9年間で通算61勝51敗。年俸も7000万円だった。

 それが地元九州のソフトバンクからは4年最大10億円の大盤振る舞い。中田もさぞ驚いただろうが、満額を手にするのは容易ではない。ソフトバンクの球団関係者が言う。

「年俸自体は4年最大6億円で、出来高を含めて10億円。この『最大』と出来高がミソです。というのも、ウチの査定システムは、やればやった分だけカネを稼げるというもの。逆に言えば、働かなければ中田も中日時代と大して変わらない額しかもらえない。満額の10億円を手にしたければ、それこそ今年の楽天の田中並みの活躍が必要になる。さすがに24勝しろとは言わないにせよ、最多勝に最優秀防御率、シーズンMVPを獲得し、さらにチームが日本一にならなければいけない。それを4年間続けて、初めて満額の10億円になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る