• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季4勝の中田にソフトバンク「4年10億円」のカラクリ

 浮かれてばかりもいられない。
 29日、ソフトバンク入りが決定した中日の中田賢一(31)が愛知県内で選手会の行事に参加。

「長い間、悩んだのですっきりしました。生活面を含めて、集中して取り組めると(ソフトバンクが)一番に感じた」
 と笑顔で話した。

 今季は4勝6敗。シーズン途中には先発から中継ぎに降格させられた。2ケタ勝利は07年の14勝(8敗)しかなく、9年間で通算61勝51敗。年俸も7000万円だった。

 それが地元九州のソフトバンクからは4年最大10億円の大盤振る舞い。中田もさぞ驚いただろうが、満額を手にするのは容易ではない。ソフトバンクの球団関係者が言う。

「年俸自体は4年最大6億円で、出来高を含めて10億円。この『最大』と出来高がミソです。というのも、ウチの査定システムは、やればやった分だけカネを稼げるというもの。逆に言えば、働かなければ中田も中日時代と大して変わらない額しかもらえない。満額の10億円を手にしたければ、それこそ今年の楽天の田中並みの活躍が必要になる。さすがに24勝しろとは言わないにせよ、最多勝に最優秀防御率、シーズンMVPを獲得し、さらにチームが日本一にならなければいけない。それを4年間続けて、初めて満額の10億円になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る